m字はげの前兆を知っておく

m字ハゲの前兆を知っておくことは大切です。

 

今はm字はげが心配という人でも、生まれた時からm字にハゲている訳ではありませんし、幼少期や思春期(高校1年生くらいかな)まではフサフサに髪の毛が生えていたことでしょう。

 

ただ思春期を過ぎて年齢が上がるにつれ、徐々にm字ハゲの前兆が出てくるのです。

 

m字は特に生え際の両側の髪の毛がなくなってしまう状態ですから、前もってm字はげの初期段階を知っておくと若いうちから予防策を取ることができます。

 

M字はげの前兆

m字ハゲの前兆、それは3つの初期症状が出ること。それは次のとおりです。

 

  1. 前髪の生え際が痒くなってくる
  2. かゆくなってきた部分を無意識に掻いてしまう
  3. 生え際の頭皮色が白ではなく赤みがかかっている

 

これはm字ハゲだけではなく、他の部分がハゲてくる人の初期段階でも同じです。

 

ハゲてきそうな部分がやたらと痒くなってしまう傾向があり、とくにストレスが出てきましたりクセとして頭を掻いてしまう人は、無意識に掻いてしまう回数が増えてきます。

 

髪の毛を掻き毟ってしまいますと、その分頭皮や髪の毛に刺激を与え抜け毛が増えてしまいます。

 

なので、この条件が揃ってしまった時には、ちょっと注意してケアすることをお勧めします。

 

このようなm字の前兆を見逃してなにもしないでいるとm字が進んでしまい、つむじに向かって上がってしまいますと同時に額が広がって見えます。

 

こうなってしまいますと徐々にm字ハゲが出来上がってしまいますから、そうなる前に兆候を知って色々なm字はげ対策を行いましょう。

 

 

>若ハゲM字ハゲ予防に!育毛剤の前にしておきたい自然回復法3選