m字はげはAGA治療を受けた方が良い?

m字はげが進んでしまったらaga治療を受けた方が良いのでしょうか?

 

m字はげというのは、最終的に前頭部と頭頂部が全体的にはげ、後頭部と側頭部のみしか髪の毛が残らない状態になります。

 

m字はげは何もしないで治すのが難しく、まだまだ大丈夫だろうと思っていると、どんどん広がっていきます。

 

それは男性ホルモンのテストステロンに原因があります。

 

テストステロンが5αリアクターゼと結合することでジヒドロテストステロンに変わり、それが薄毛の原因になっています。

 

5αリアクターゼは遺伝によるよって分泌が多くなることがあり、はげの家系の人はどうしてもm字はげになりやすくなります。

 

m字はげとAGA治療

m字はげは進行が早く、頭部と側頭部だけしか髪の毛が残らない段階まで進むと、フサフサに戻すのは難しくなります。

 

育毛剤などを使用するのも有効なのですが、いち早い解消を望むなら、aga治療を受けるのも一つの方法です。

 

そんな場合はm字症状が進行してしまうと自己発毛力が落ちてしまうので、できるだけ早めの対策が必要になります。

 

agaクリニックだと一般的な病院よりも毛髪に関する専門的な治療が受けられます。

 

副作用の心配はありますが、内服薬であるプロペシアの処方と外用薬の処方も併用するので、aga治療は効果があります。

 

 

>【M字ハゲ解消方法まとめ】M字の原因と再発毛の仕組みを徹底解説!